頭が真っ白になりました

お金を借りることはなるだけ避けて通ってきたものの、普通のサラリーマンであれば一生で一度のマイホーム購入の際にお金を借りることは一部の方を除くとごく普通のことだと思います。

私も例外なくマンション検討時には住宅ローンによる購入というのが前提でした。
バブルが弾けたとはいえ、今や年収の5倍どころか7~8倍というのも当たり前の価格になり、とても住宅ローンなしでは買えません。

家族がいなけれぱ賃貸でも構いませんがマイホームへのプレッシャーはかなりなものです。
ただ現在は住宅ローンの金利はどんどん下がり続け、今や変動金利だと0.6を切る金融機関もざらにでてきました。

0.6というと35年ローンでも大した金利にはならず、昔のように繰り上げ返済に追われることもありません。

私も35年ローンで購入し、はや5年程経過していますが未だに繰り上げ返済はしていません。

変動金利なのでいつ金利が上昇するかハラハラしていた時期もありますが、未だに景気は上向くどころかまだまだ下がる気配が感じられますので
暫くはゆっくり返して行こうと思っています。

そしてこの間我が家は、年に2~3回いく家族旅行に行きました。去年の年末にも他県へ家族で温泉旅行へ行って来ました。

旅行先で万が一現金を紛失しても、先ず手元には戻って来ないので、ホテル代等金額の大きいものは、全てクレジットカード決済をしています。

クレジットカードを紛失しても電話1本で利用を止める事が出来ますし、利用額に応じてですが、ポイントも貯まりますので、日常の買い物でも金額の大きい買い物ほど、極力そうしています。

ですから、所持金はお土産代やお小遣い程度しか持って行きません。

ホテルで1泊した翌朝、フロントでチェックアウトの手続きの為、クレジットカードを出して精算しようとしていた所、ホテルのスタッフの方から、「カードがご利用出来ません。」と言われました。

カード会社に連絡を取って調べた所、11月頃に家電量販店で購入した物等の精算が終わっておらず、「ご利用限度額を超えてしまします、」と言う事でした。

ホテル代を支払える程の現金は持っていませんので、スマートフォンでホテル近くの消費者金融を探しました。するとホテル近くのJR駅前の雑居ビルの中に有名な消費者金融が入っている事が分かり、妻と子供をホテルに置いたまま手続きに向かいました。

お借りしたい金額も少なかったからか審査も簡単で、直ぐに融資して頂けました。

ホテル代を精算し、無事に家に帰る事が出来たのですが、その日の内に自宅近くのATMにて全額返済しました。

本当に助かりました。

普段生活していると、突然の出費などでお金が必要になることがあると思います。

この時いろんな手段があると思います。

友人に借りる、消費者金融で借りる、カードローン、クレジットカードのキャシングを利用するなどいろんなものがあります。

このどの方法にも言えることですが、
きちんと返済できる額を借りるようにしないといけません。

その時必要でも、自分が後で返せなくなったり、返済で首を絞めてしまうようなら、またそこに借金をしてしまうこともあります。

そうなるとさらに返済が厳しくなります。

そうならないためにもきちんと返済できる額を計算して、必要な分だけ借りることをしたほうがいいです。

なのでちゃんと返済計画を立ててからお金を借りることをおすすめします。

銀行系カードローンについて

カードローンについて自分は、様々なカードローンの経験をしております。
横浜銀行カードローンの経験100万円程、あまり苦戦せずに借りることができました。

月々の支払い\15000、ただし支払いが滞ると(3ヶ月位)、一方的にカードの返済のみに切替られます。

以降、新たな借り入れができなくなり返済のみしか受け付けなくなってしまいます。

三井住友銀行カードローン200万円程、これもあまり苦戦せずに借りることができました。
三井住友銀行の窓口にて、簡潔できるので、土日も契約可能です。

ただし契約まで、時間は1時間程かかります。支払いが滞る場合、連絡すれば、多少の融通が利きます。

200万円借り入れで、月々\25000の返済となります。ただし3ヶ月以上滞ると銀行の口座は閉鎖となり支払い先が、プロミスに切り替わります。

基本、残額は、一括返済と言われますが、きちんと担当者に現状を話せば、分割も可能となります。

しかし、結果としては、短期間で支払いを完済しなければならないので月々の支払いが増額、自分の場合は、\30000となり、ボーナス払い(\80000)も併用、することになるので
支払いが苦しくなるので、返済は滞らないように注意した方が良いです。

カードローンで夫婦円満

我が家のカードローンの利用法は、ちょっとお金が足りない時に利用することです。

定期預金からおろすほどでもない金額が必要な時に、とても助かるんですよね。うちの夫は毎月決まった生活費の中で、やりくりしないととても怒ります。

1万円だけももらいたいと言ったものなら、怒られるわ、責められるわでうんざりです。自分は趣味のためにお金を惜しまないくせに。そういう時に少しの金額でも借りられるカードローンが便利なんですよね。

それに私だってお誘いを受ければ、新しい洋服だって欲しいですし、予想していなかった交際費だって発生することがあります。夫に言えない出費だってあるのです。

そっと借りて、そっと返しておけば夫婦のトラブルにもならず、夫婦円満です。定期預金に手をつけたら、通帳に履歴が残りますから。
それこそ一大事。

専業主婦でも審査がとおるのが何よりも助かります。カードローンも使い過ぎずうまく利用すれば、とても便利なものだと思います。

カードローンの与信について考える

与信という言葉は、普段の生活の中では何だか聞き慣れない言葉です。

しかし、それはカードローンにおいては非常に重要なキーワードなのです。ですから全てのカードローン・ユーザーは、与信について知っておいたほうが賢明です。

その与信とは、カードローン会社がユーザーに与える信用のことです。

そして信用を与えることとは、すなわちお金を貸すことを意味するのです。つまり会社の信用が大きいほど、貸す金額も大きくなるのです。
逆に信用が小さいほど、お金も小さくなります。

そして最悪の場合は信用がゼロであり、1円も貸してもらえないということになります。

このように与信とは、貸してもらえるお金の金額に非常に大きく関わっています。
それゆえ、カードローンの利用枠のことを与信枠と表現することもあるのです。

ユーザーとしては少しでも多くの与信枠が欲しいところですが、そのためには、まずはカードローン会社から沢山信用してもらえるような立派な人物にならなければなりません。

銀行系カードローンに借り換え

私は、消費者金融に200万相当の借り入れがありました。
借入先はアコム120万、アイフル50万、プロミス30万です。

毎月の返済だけで8万近くかかっており、利息の返済もままなりませんでした。
借り入れの原因は、ギャンブルでした。パチンコ・スロットの負け額を、借り入れで補填する。を繰り返していました。

最初は20万の借り入れで毎月の返済額は1万程度でしたが、半年もたたないうちに100万を超える借り入れになってしまいました。

あとは、限度額が増えていき、増えた分だけ借り入れるといった形でどんどん借金が増えていきました。

毎月の返済は入金して、すぐ限度額まで引き出していくしかなく利息を払うばかりで元本はまったく減りませんでした。

生活にも困っていたので、インターネットで検索したところ銀行系のカードローンで債務の一本化を相談するほうがいい。

という情報をみつけ、連絡してみたところ無事オリックス銀行で借り換えを行うことができました。

利息も消費者金融よりはるかに安く、月々の返済も半分程度で済み、無理なく行うことができています。

キャッシングは銀行系消費者金融がオススメ

キャッシングはどこで借りればいいか悩む時ないですか。
一昔前までは沢山の消費者金融がありましたがグレーゾーンの撤廃や異常な取り立てなどによって消費者金融に行政のメスが入りました。

一昔前までは結構有名だったポケットバンクや武富士などが世間から消えていきました。
消費者金融会社も今では銀行系消費者金融として合併することで世間にクリーンなイメージを持たれるようになりました。

プロミスは三井住友銀行グループの傘下に入る事で良くなりました。

レイクは新生銀行の傘下に入る事で借りやすくなりました。
また三菱東京UFJ銀行ではバンクイックと言うキャッシングがご利用できるサービスもできています。

バンクイックは消費者金融のアコムが運用を任されています。

キャッシングをするに当たって様々な消費者金融がありますがやはりオススメは上記で紹介した銀行系消費者金融がオススメです。

やはり大手銀行のグループなので違法な利息や取り立てなどしませんので安心してキャッシングできます。

簡単に借りれるカードローン

私は今は専業主婦ですが今までの人生でカードでローンを組んだことがありません。それには理由があります。

昔、私は消費者金融のコールセンターに勤めた事がありまして沢山の主婦が家族に内緒で電話をしてきて、あとどれだけ借りれる枠が残っているかなどを日中に問い合わせしてくるのです。

旦那さんが働いている時間にです。

そして枠ギリギリ借りている人が沢山いて、最大限借りていることを伝えるともう少し枠を増やしてくれないかと交渉してきます。

勿論私にはそんな権限もなく申し訳なくお断りをすると逆切れするのです。調べてくれたらわかると思うけど今まで滞った事ないのよ。と怒鳴ります。

藁をもつかむ気持ちで電話をかけてきてる方もいるので仕方ないのですがそういう事を経験してますので私は便利なのはわかってますが絶対に作らないときめています。

だれでも簡単につくれるローンカード。
金利は昔に比べるとかなり低くはなっていますがお金がなければ我慢するという人が減っているようで怖くなります。

本当に困ってる人以外は身の丈にあった生活を心掛けたいものです。