頭が真っ白になりました

お金を借りることはなるだけ避けて通ってきたものの、普通のサラリーマンであれば一生で一度のマイホーム購入の際にお金を借りることは一部の方を除くとごく普通のことだと思います。

私も例外なくマンション検討時には住宅ローンによる購入というのが前提でした。
バブルが弾けたとはいえ、今や年収の5倍どころか7~8倍というのも当たり前の価格になり、とても住宅ローンなしでは買えません。

家族がいなけれぱ賃貸でも構いませんがマイホームへのプレッシャーはかなりなものです。
ただ現在は住宅ローンの金利はどんどん下がり続け、今や変動金利だと0.6を切る金融機関もざらにでてきました。

0.6というと35年ローンでも大した金利にはならず、昔のように繰り上げ返済に追われることもありません。

私も35年ローンで購入し、はや5年程経過していますが未だに繰り上げ返済はしていません。

変動金利なのでいつ金利が上昇するかハラハラしていた時期もありますが、未だに景気は上向くどころかまだまだ下がる気配が感じられますので
暫くはゆっくり返して行こうと思っています。

そしてこの間我が家は、年に2~3回いく家族旅行に行きました。去年の年末にも他県へ家族で温泉旅行へ行って来ました。

旅行先で万が一現金を紛失しても、先ず手元には戻って来ないので、ホテル代等金額の大きいものは、全てクレジットカード決済をしています。

クレジットカードを紛失しても電話1本で利用を止める事が出来ますし、利用額に応じてですが、ポイントも貯まりますので、日常の買い物でも金額の大きい買い物ほど、極力そうしています。

ですから、所持金はお土産代やお小遣い程度しか持って行きません。

ホテルで1泊した翌朝、フロントでチェックアウトの手続きの為、クレジットカードを出して精算しようとしていた所、ホテルのスタッフの方から、「カードがご利用出来ません。」と言われました。

カード会社に連絡を取って調べた所、11月頃に家電量販店で購入した物等の精算が終わっておらず、「ご利用限度額を超えてしまします、」と言う事でした。

ホテル代を支払える程の現金は持っていませんので、スマートフォンでホテル近くの消費者金融を探しました。するとホテル近くのJR駅前の雑居ビルの中に有名な消費者金融が入っている事が分かり、妻と子供をホテルに置いたまま手続きに向かいました。

お借りしたい金額も少なかったからか審査も簡単で、直ぐに融資して頂けました。

ホテル代を精算し、無事に家に帰る事が出来たのですが、その日の内に自宅近くのATMにて全額返済しました。

本当に助かりました。

普段生活していると、突然の出費などでお金が必要になることがあると思います。

この時いろんな手段があると思います。

友人に借りる、消費者金融で借りる、カードローン、クレジットカードのキャシングを利用するなどいろんなものがあります。

このどの方法にも言えることですが、
きちんと返済できる額を借りるようにしないといけません。

その時必要でも、自分が後で返せなくなったり、返済で首を絞めてしまうようなら、またそこに借金をしてしまうこともあります。

そうなるとさらに返済が厳しくなります。

そうならないためにもきちんと返済できる額を計算して、必要な分だけ借りることをしたほうがいいです。

なのでちゃんと返済計画を立ててからお金を借りることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です